スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0

    at , スポンサードリンク, -

    -, -, - -

    無題

    地震、津波、見るのもつらい出来事。

    被災された方の無事を祈るばかり。


    今自分のできることは冷静に普段通りにすごすことか。もどかしくもあるが。

    今日は献血に行ってきた。

    地震とは関係なくもともと今日行く予定にしていたのだが。

    時期をずらすことも考えたが、次の休みは歯医者の予約がある。

    (出血を伴う歯科治療後3日間は献血できない。)

    その後の治療もどうなるか分からないので行くことにした。

    献血会場は午前中だというのにいつもより人が多く、

    職員さんの説明を聞いて引き返す人も何人かいた。


    それにしてもtwitterの力はすごいと実感する。

    さまざまな情報を得ることができるはありがたい。

    なかにはソースがはっきりしないもの、デマなどもあるけれど。

    関西にかかわるものだと関西電力が節電を呼びかけているという話もデマだったし。

    節電自体はいいことなのでこれを機にいつもより意識的に節電しようか。

    0

      at 23:22, itooory, -

      comments(0), trackbacks(0), - -

      Come With Me!!

       2月20日、けいおん!!ライヴイベント〜Come With Me!!〜を見てきた。この手のイベントは初めてなので楽しめなかったらどうしようと思ったりしたけど、予想以上に盛り上がったイベントになって楽しめた。

      さいたまスーパーアリーナについたのは午後1時ごろ。グッズには興味はなかったけどパンフはほしかったので物販のエリアに行ってみると大きな空き地にびっしりと人が!さらに道路に列が長く続いている。開演間近に長い時間並ぶのは避けたかったのでパンフは断念。

      食事をとって時間をつぶし開場と同時に入場。席はアリーナの真ん中からやや後ろの位置。入場時は後ろ方だけどそれなりにステージは見えるなと思ったけど観客が総立ちになると全く見えなくなってしまったのにはまいった。背伸びしてステージがやっと見えるか見えないかって感じだった。なのでほとんどの時間はスクリーンを見ることになった。

      『GO! GO! MANIAC』『Listen!!』でスタート。この時点で凄い盛り上がり。
      その後出演者がソロでそれぞれのキャラクターソングを歌う。(好きなのはムギ、憂、唯の曲かな)曲の始めにバックミュージシャン(ギター、ベース、ドラムにはそれぞれ2人いる)がソロを披露。なかでも和役藤東知夏さんの歌とパフォーマンスが特に印象に残る。途中、山田尚子監督がサプライズで登場、かわいい方だったのにはちょっとびっくり。

      うれしかったのはその後、放課後ティータイムの5人がアリーナ中央のステージに移動したことだ。あてぶりではあるけどアルバム『放課後ティータイム2』から4曲を披露。メンバーもノリノリで観客を煽る。中央ステージ最後の「ごはんはおかず」でこれまでで一番の盛り上がりを見せた。自分も年甲斐もなくさけびましたよ、「1.2.3.4ごーはん!」(笑)

      続いてDeath Devilが登場。分からない人のために簡単に説明すると、軽音部顧問山中さわ子が高校時代組んでいたメタルバンドのこと。演出は一番派手だったなあ。音も一番大きかった。大きすぎて何をやってるのかわからなくなる瞬間もたびたび。さわ子役真田アサミさんと浅川悠さんのなりきり具合もすごかった。浅川さんは普段もパンクっぽいたたずまいの人らしくかっこよかったな〜。

      そしていよいよ放課後ティータイムの声優陣によるバンド生演奏が。「ぴゅあぴゅあはーと」をやるとは思わなかった。タイトルを聴いた時は一瞬不安になったけどイントロが始まった途端そんな不安は吹き飛んでしまった。かなりうまくなっている!結成時ほぼ唯一しっかりとした演奏ができた寿美菜子さん(key)が全体をひっぱるという形は変わらないけど(今回も「ふわふわ時間」でソロを炸裂)さらに佐藤聡美さんのドラムが安定感をましているのが光った。それぞれ忙しくて合わせる時間も少なかったそうだけどその中でよくここまで合わせることができたものだと感動した。

      続けて「U&I」、演奏はバックミュージシャンにまかせてヴォーカルに専念した「天使にふれたよ!」を挟んで再度楽器を持った「ふわふわ時間」で本編終了。2度のアンコールで4曲のOP,ED曲を披露。「Utauyo!!MIRACLE」ではみんな飛び跳ねてたなあ。「Don't say "lazy"」だったかスクリーンが5分割になってメンバーが横一列に映される演出もかっこよかった。自分がみたライヴだとユニコーンもやっていたけどここぞというところでやると効果的な演出だ。

      3度目のアンコールでは3万人の校歌斉唱。出演者全員で「Come With Me!!」を歌って4時間近いライヴは終了。出演者のみなさんの感動的な挨拶や涙、そしてパフォーマンスでこのイベントやけいおん!への思いがひしひしと伝わってきた。思い出に強く残るイベントになったと思う。

      0

        at 23:57, itooory, MUSIC

        comments(0), trackbacks(0), - -

        あけましておめでとうございます。

         今年もよろしくお願いいたします。
        皆様にとって良い年になりますように。
        去年はなにかと停滞気味だったけど
        今年は少しでも前に進めるように、
        でもあせらずマイペースでいければ。

        12月は直枝さんのソロ@京都Sole Cafeと
        カーネーション@渋谷クアトロの2つのライヴ見たけれど
        どちらも素晴らしかった。
        詳しい感想を書こうと思っていたのに
        書けないまま時間がたってしまい記憶があいまいに(苦笑)。
        ただ、ひとついえるのは直枝さんがえらく調子が良くて
        ハイテンションだったということかな。
        カーネーションの年末のツアーはここ数年の彼らのライヴでも
        ひときわ印象に残るものだった。
        直枝さんは去年はいろいろとしんどい年だったそうだけど、
        ライヴで見てる分にはぜんぜんそんなこと感じさせなかった。
        渋谷クアトロのライブ音源も配信されるのであらためて聴くのが楽しみだ。
        0

          at 22:07, itooory, MUSIC

          comments(2), trackbacks(0), - -

          カーネーション@梅田シャングリラ

           21日(日)は梅田シャングリラにてカーネーションのライヴ。
          いや〜かっこよすぎでしびれたなあ。

          のっけから予想外な展開、いつものシナトラで登場したものの
          直枝さんのギターにトラブル発生のようで(一番後ろで見てたので何があったかは
          よく見えなかった。)演奏開始できず、まさかのシナトラ完走に拍手&笑い。

          その後もそうくるのか〜と思うような展開が多かったなあ。
          宮田繁男さんのドラムの音はまさに自分好み、
          色気たっぷりで懐の深いグルーヴ。
          上田禎さんのお姿を拝見するのはラヴスカツアー以来だと思うけど
          独特のたたずまいは相変わらず、スタイリッシュなピアノを弾いたかと思うと、
          シンセ(Prophet 5)でウニウニと変態フレーズを繰り出したり
          要所要所で存在感のあるプレイを見せていた。

          最後は梅田シャングリラのことを歌った歌をやりだしておかしかったなあ。
          それにしてもまったくの即興だったとはおそるべし。

          この編成でいつまでやるのか分からないけどまだまだいろんな可能性がありそう。
          東京も行きたくなってきたなあ。
          (とりあえずこんな感想で、後でもうちょっと書きたそう。)
          0

            at 23:52, itooory, MUSIC

            comments(0), trackbacks(0), - -

            傑作!

            26日に入手してからこればかり聴いてる。

            TVアニメ「けいおん! ! 」劇中歌集 放課後ティータイム II


            アニメ「けいおん!!」に登場するバンド、放課後ティータイムの初のフルアルバムにして2枚組。さらに初回限定盤にはカセットが!(内容はDisc2のモノmix。ちなみに劇中歌集なのでOP、ED曲は収録されていない。)



            けいおん!、放課後ティータイムに思い入れを持っている人なら間違いなく楽しめる傑作だなあこれは。
            一番気に入ってる曲は「冬の日」。ウキウキするようなはずむリズムでまさにこれからの季節に似合う曲。男の子目線で恋のはじまりを描いた歌詞もかわいいというか微笑ましいというか。(唯が歌っているからかわいく響くというのもある。)

            その次に好きなのは「Honey sweet tea time」。どことなく’80年代の香りがするアップテンポだけどメルヘンチックなかわいい曲だね。(作曲は7月に亡くなったbiceさん。ご冥福をお祈りいたします。)

            「天使にふれたよ!」は最終回の構成の印象が強すぎて、フルで聴くとちょっと間延びした感じがしたんだけど何回か聴くと馴染んできた。(それでもギターソロはなくても良かったかな。)2番のサビの日笠さんの熱いヴォーカルにぐっとくる。

            作中では完全にネタ扱いだった詩「ときめきシュガー」がやたらさわやかでかっこいい曲に化けちゃったのも楽しい。

            それ以外の曲もどれもいい曲ばかり。期待はしてたけど、ここまで充実したアルバムになるとは思ってなかった。(個人的にはDisc1最後の曲「放課後ティータイム」だけは微妙だけど。)特にDisc1終盤の「冬の日」〜「U&I」〜「天使にふれたよ!」の流れはたまらないなあ。とにかく製作陣の力の入り様が聴いててすごく伝わってくる。Disc2はバンドが部室でラジカセに一発録りをしているという設定の構成なのだけど(曲間に声優さんたちの小芝居入り。)、ライヴ感溢れる勢いのある演奏でミュージシャンの人達も楽しんで演奏しているんだろうね。

            さて「けいおん!」のライヴイベントが来年の2月に決定ということでまだ詳細は分からないけど見てみたいなあ。興味があるのは声優さんたちのバンド生演奏なんだけど、前回は2曲だったけど今回はどうなんだろう。


            <追記>
            この記事を書いた後、はじめてカセットを聴いてみた。これはただDisc2をモノラルにしただけじゃなくて、音もこもり気味に加工してあって本当にラジカセで録音したかのような音になってて、さらに臨場感や演奏の勢いが増しているように感じる。よりバンドが演奏している光景が目に浮かぶね。本当に芸が細かい。もう特典じゃなくて実はこのアルバムの肝なんじゃないかと思えるくらい。
            0

              at 00:06, itooory, MUSIC

              comments(0), trackbacks(0), - -