<< 再発!ザッパ天国 | main |

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0

    at , スポンサードリンク, -

    -, -, - -

    チャラン・ポ・ランタン インストアライヴ@あべのキューズモール

    最近チャラン・ポ・ランタンにはまってます。

    そもそも彼女たちのことを知ったのは今年のフジロック。最終日のヒカシューのゲストで『モスラ』の小美人の扮装で登場したのを見てちょっと興味がわいてきて、その後の苗場食堂にも出るので見てみようと思った。
    グリーンステージのトリのレディオヘッドをアンコール前で切り上げて苗場食堂に行ってみるとちょうど演奏中。チャランポの2人とドラムの女の子の3人編成。どこかで聴いたことがあるような複雑のリフの曲をやってる。なんだろう?と思ってよく聴いてみるとレディオヘッドのパラノイド・アンドロイドのカヴァー。本家の裏で堂々とやってるのがおかしくて笑ってしまうと同時にアコーディオンとドラムだけで立派な演奏に成ってるのに驚く。
    ヴォーカルももちゃんもかわいい顔に似合わないドスの効いた歌声、アコーディオン小春さんの毒舌MCやら独特の哀愁と毒とユーモアの混ざった曲にすっかりのせられてしまった。ステージ前で見ていたら投げ銭あげようかと思ったくらい。

    それ以来すっかり彼女たちのファンになってしまい、新作『つがいの歯車』発売にあわせた8日のインストアライヴ@あべのキューズモールに行ってきた。

    特に何の紹介もなく、なにげな〜くステージ(インストアといってもショッピングモールの野外ステージ)に登場したチャランポ。最初は「練習です」と言ってセーラームーンの主題歌を。練習と言いつつも適当なところはなく本気の演奏。
    にぎやかな「ムスタファ」で本編スタート。今回のアルバムに入ってない曲やEテレシャキーン!で流れてる「住人十色」も交えて約30分のステージ。インストアといえども手抜き無しの全力投球の楽しいライヴだった。
    ももちゃんのヴォーカルはパワフル、一曲のなかでも展開によって歌い方も変わるし、表情も一点を見据える真剣な眼差しから屈託のない笑顔へとコロコロと変わって女優のよう。アンコールでの「愛の讃歌」のカバーではももちゃんが客席に乱入して客や通りすがりの買い物客をいじりながら歌う。このあたりは路上ライヴで鍛えられた物なんだろうなあ。小春さんのアコーディオンも堅実なバッキングから攻めのソロとかなり上手いしかっこいい。毒舌MCもあいかわらずでおかしい。小春さんの作る歌はかなり実体験が入ってるらしくその若さでどれだけ大変な目にあってるのかとちょっと心配になる(笑)。
    熱心なファンがけっこう集まっていたようでほとんどワンマンライヴであるかのような盛り上がりで楽しかった。

    演奏終了後CDを買った人ための握手会。自分はネットで買っちゃったけど特典ライヴCD(これもよかった!)目当て&投げ銭のつもりでその場でもう1枚購入。列に並んで握手してもらう。お2人ともファン一人一人に丁寧に受け答えしてて好感度アップ。
    並んだ人全員の握手が終わってお開きかと思いきや、今度はサイン会が始まった。サインの最中でもファンの写真撮影に気軽に応じるお2人。途中から写真撮影は後でやりますってことになってサイン会が終わって今度は記念撮影大会になっちゃった。親子連れで見に来てた小さな女の子が写真撮影してもらうと大喜びで飛び跳ねて会場中を走り回ってしまったので、その後のファンも撮影してもらうとおおげさに喜ばなければならないはめに(笑)。自分は2人だけが並んだ写真を取りたかったので遠慮しました(笑)。直前でiPod Touchの電源が切れてしまったのもあったし。ガラケーのしょぼいカメラだと申し訳ないしね。
    そんなこんなでファン思いなチャランポのお2人を見てなんとも頭が下がる思い。12月に出る新作も楽しみ。

    チャラン・ポ・ランタンと愉快なカンカンバルカン - ムスタファ




    人生のパレード/チャラン・ポ・ランタン

    >


    チャラン・ポ・ランタン 「空中ブランコ乗りのマリー」


    0

      at 20:27, itooory, MUSIC

      comments(0), trackbacks(0), - -

      スポンサーサイト

      0

        at 20:27, スポンサードリンク, -

        -, -, - -

        comment









        trackback
        url:http://yuruyaka011.jugem.jp/trackback/49