スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0

    at , スポンサードリンク, -

    -, -, - -

    映画化

     『けいおん!!』最後の放送見た。

    番外編といいつつちゃんと最終回としても見れるさわやかな終わり方だった。

    で、次は映画かあ。

    これだけきれいな終わり方をしたんだから

    次のテレビシリーズはなくてもいいけど、映画は楽しみかな。
    0

      at 22:26, itooory, アニメ

      comments(0), trackbacks(0), - -

      最終回

       『けいおん!!』最終回を見た。(関西は土曜深夜の放送。)
      いい締めくくりで本当によかった。(番外編の放送がまだあるけど)

      最後に卒業していく4人が1人残される後輩の梓のために演奏した「天使にふれたよ!」には思わず目頭が…。いい卒業ソングだと思う。

      軽い気持ちで見始めたのにこんなにはまってしまうなんて思ってなかったなあ。
      けいおん!はキャラクターのかわいさや、やりとりのおかしさも魅力だけど、
      なにげない仕草やゆったりとした風景の描写がすごく丁寧で
      そんなところにもひかれていたんだよね。
      このあたり監督の山田尚子さんの感性だったりするのかな。

      きのうの拾得、青山さんが最初だとは気づかなかったよ。
      油断してほとんど見れなかった。へこむ…。
      0

        at 14:12, itooory, アニメ

        comments(0), trackbacks(0), - -

        頭の中にダイナマイト

        先日ネットでその存在を知って、すっかりはまってしまったアニメがありまして。
        『チャージマン研!』っていう1973年頃放送されたヒーローもののアニメなんだけど、一部でカルト的な人気だそうな。
        (詳しくはwikiとか検索してみてくださいな。)

        小学生が適当に作ったかのようなストーリー、本編が5分半ほどの短いアニメなのに間延びした演出、ちっともかっこよくない変身シーン、 主題歌もBGMもなんだか変に聴こえる、理解を超えた行動や珍台詞の数々など、 見ていてとてつもない居心地の悪さを感じるんだけど、それがだんだんとクセになってくるんだ(笑)。

        そんな『チャージマン研』で人気のエピソードが
        「頭の中にダイナマイト」という回。

        冒頭1分近く話となんの関係もない怪獣映画のシーンが延々と流れるけど(苦笑)、その後はさらにキテレツな展開が。宿敵ジュラル星人に誘拐されたボルガ博士の意外な末路に頭を抱えてしまうこと必至。

        他には「殺人レコード恐怖のメロディ」、「バリカンの旧友が尋ねて来た」あたりも好き。
        0

          at 20:28, itooory, アニメ

          comments(0), trackbacks(0), - -