スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0

    at , スポンサードリンク, -

    -, -, - -

    チャラン・ポ・ランタン インストアライヴ@あべのキューズモール

    最近チャラン・ポ・ランタンにはまってます。

    そもそも彼女たちのことを知ったのは今年のフジロック。最終日のヒカシューのゲストで『モスラ』の小美人の扮装で登場したのを見てちょっと興味がわいてきて、その後の苗場食堂にも出るので見てみようと思った。
    グリーンステージのトリのレディオヘッドをアンコール前で切り上げて苗場食堂に行ってみるとちょうど演奏中。チャランポの2人とドラムの女の子の3人編成。どこかで聴いたことがあるような複雑のリフの曲をやってる。なんだろう?と思ってよく聴いてみるとレディオヘッドのパラノイド・アンドロイドのカヴァー。本家の裏で堂々とやってるのがおかしくて笑ってしまうと同時にアコーディオンとドラムだけで立派な演奏に成ってるのに驚く。
    ヴォーカルももちゃんもかわいい顔に似合わないドスの効いた歌声、アコーディオン小春さんの毒舌MCやら独特の哀愁と毒とユーモアの混ざった曲にすっかりのせられてしまった。ステージ前で見ていたら投げ銭あげようかと思ったくらい。

    それ以来すっかり彼女たちのファンになってしまい、新作『つがいの歯車』発売にあわせた8日のインストアライヴ@あべのキューズモールに行ってきた。

    特に何の紹介もなく、なにげな〜くステージ(インストアといってもショッピングモールの野外ステージ)に登場したチャランポ。最初は「練習です」と言ってセーラームーンの主題歌を。練習と言いつつも適当なところはなく本気の演奏。
    にぎやかな「ムスタファ」で本編スタート。今回のアルバムに入ってない曲やEテレシャキーン!で流れてる「住人十色」も交えて約30分のステージ。インストアといえども手抜き無しの全力投球の楽しいライヴだった。
    ももちゃんのヴォーカルはパワフル、一曲のなかでも展開によって歌い方も変わるし、表情も一点を見据える真剣な眼差しから屈託のない笑顔へとコロコロと変わって女優のよう。アンコールでの「愛の讃歌」のカバーではももちゃんが客席に乱入して客や通りすがりの買い物客をいじりながら歌う。このあたりは路上ライヴで鍛えられた物なんだろうなあ。小春さんのアコーディオンも堅実なバッキングから攻めのソロとかなり上手いしかっこいい。毒舌MCもあいかわらずでおかしい。小春さんの作る歌はかなり実体験が入ってるらしくその若さでどれだけ大変な目にあってるのかとちょっと心配になる(笑)。
    熱心なファンがけっこう集まっていたようでほとんどワンマンライヴであるかのような盛り上がりで楽しかった。

    演奏終了後CDを買った人ための握手会。自分はネットで買っちゃったけど特典ライヴCD(これもよかった!)目当て&投げ銭のつもりでその場でもう1枚購入。列に並んで握手してもらう。お2人ともファン一人一人に丁寧に受け答えしてて好感度アップ。
    並んだ人全員の握手が終わってお開きかと思いきや、今度はサイン会が始まった。サインの最中でもファンの写真撮影に気軽に応じるお2人。途中から写真撮影は後でやりますってことになってサイン会が終わって今度は記念撮影大会になっちゃった。親子連れで見に来てた小さな女の子が写真撮影してもらうと大喜びで飛び跳ねて会場中を走り回ってしまったので、その後のファンも撮影してもらうとおおげさに喜ばなければならないはめに(笑)。自分は2人だけが並んだ写真を取りたかったので遠慮しました(笑)。直前でiPod Touchの電源が切れてしまったのもあったし。ガラケーのしょぼいカメラだと申し訳ないしね。
    そんなこんなでファン思いなチャランポのお2人を見てなんとも頭が下がる思い。12月に出る新作も楽しみ。

    チャラン・ポ・ランタンと愉快なカンカンバルカン - ムスタファ




    人生のパレード/チャラン・ポ・ランタン

    >


    チャラン・ポ・ランタン 「空中ブランコ乗りのマリー」


    0

      at 20:27, itooory, MUSIC

      comments(0), trackbacks(0), - -

      再発!ザッパ天国

      ザッパ道にはゴールはないのかー。
      フランク・ザッパの膨大なオリジナルアルバムがまとめて再発されるそうで、
      詳しい情報はまだわからないけど今回はオリジナルマスターからのリマスターになるらしい。

      ザッパはアルバムのCD化の際に作品によっていろいろと音源をいじってるので
      CDだけではなくアナログ盤も聴いてこそとは思うのだが
      自分みたいに中古アナログ盤をあさるのはめんどくさいと思う人間にとっては
      オリジナルマスターでの再発は前々から期待していたことだったんだよなあ。
      でもいざ出ますよとなると作品の数が膨大なだけに
      うれしい反面こいつは大変だという思いもあったりしてなー。

      それからオリジナルマスターで出すとなると
      今までのザッパ承認マスターの扱いはどうなるんだろうとかいろいろ気になる。
      『Uncle Meat』のやたら長い追加音源(聴き通せたことなし)はカットでもまったく困らないけど、
      『Zappa in New York』のかっこいいボーナストラックは残しておいてもらわないと困る。
      この曲とか。

      Frank Zappa 「Cruising For Burgers」

      0

        at 05:53, itooory, MUSIC

        comments(0), trackbacks(0), - -

        新春ザッパ地獄

        あけましておめでとうございます。
        もう一週間たってますけどね。約半年ぶりの更新。
        何度か書こうと思うネタはあるにはあったんだけど、なぜか書けなかったんだよなあ。
        ブログはこれからも続けるつもりなのでなるべく放置しないようにしたいですね。
        あと自分は今年厄年になるので(そう去年とうとう40になってしまいました。)
        健康に気をつけて楽しい一年にしたい。

        さて本題。
        死んでもなお、遺族の手によって新音源が次々と発売されて
        ファンを歓喜と苦悶の状況におとしいれているフランク・ザッパですが(長い)。
        今まで死後出された音源は熱心に集めてなかったんだけどそろそろ集めていこうかと思いはじめて。

        そんな音源の中に海賊盤をオフィシャルで発売したBeat The Boots 3シリーズあるんだけど、
        この第3シリーズはCDでは出てなくてiTunesでのダウンロードだけなんだよね。
        でもiTunesストアをよくみるとシリーズのDisc1~6のうちDisc4がない。
        あれっと思って調べてみるとAmazon.co.jpのmp3ストアではDisc4を売ってた。
        この時初めてAmazonでも売ってることを知って、ついでに米Amazonの方も見てみると、
        これがめちゃめちゃ安い。
        日本のiTunesだと一作1500円なのに米Amazonだと8ドル前後。
        Beat The Boots3の『Swiss Cheese / Fire!』なんて
        日本のiTunesでは4000円もするのに米Amazonだと約14ドルだもんなあ。
        これは安い方で買いたくなるのは当然でしょう。

        ところが日本からだと米Amazonのmp3ストアから購入することはできない。
        買おうとすると警告が出ます。残念。
        でもこれはあきらめがつかない。なにか方法はないのかとググってみたら、ありました方法が。
        ここでは詳しくは書かないけれど、なかなかめんどうな方法ではありましたが無事購入成功。
        めんどうなのでオススメはしませんが興味ある方はそれぞれで調べてみてください。
        というわけでFrank Zappa Beat The Boots 3 全6作をダウンロード中。
        新年からザッパ漬けになりそう。
        0

          at 20:28, itooory, MUSIC

          comments(0), trackbacks(0), - -

          Come With Me!!

           2月20日、けいおん!!ライヴイベント〜Come With Me!!〜を見てきた。この手のイベントは初めてなので楽しめなかったらどうしようと思ったりしたけど、予想以上に盛り上がったイベントになって楽しめた。

          さいたまスーパーアリーナについたのは午後1時ごろ。グッズには興味はなかったけどパンフはほしかったので物販のエリアに行ってみると大きな空き地にびっしりと人が!さらに道路に列が長く続いている。開演間近に長い時間並ぶのは避けたかったのでパンフは断念。

          食事をとって時間をつぶし開場と同時に入場。席はアリーナの真ん中からやや後ろの位置。入場時は後ろ方だけどそれなりにステージは見えるなと思ったけど観客が総立ちになると全く見えなくなってしまったのにはまいった。背伸びしてステージがやっと見えるか見えないかって感じだった。なのでほとんどの時間はスクリーンを見ることになった。

          『GO! GO! MANIAC』『Listen!!』でスタート。この時点で凄い盛り上がり。
          その後出演者がソロでそれぞれのキャラクターソングを歌う。(好きなのはムギ、憂、唯の曲かな)曲の始めにバックミュージシャン(ギター、ベース、ドラムにはそれぞれ2人いる)がソロを披露。なかでも和役藤東知夏さんの歌とパフォーマンスが特に印象に残る。途中、山田尚子監督がサプライズで登場、かわいい方だったのにはちょっとびっくり。

          うれしかったのはその後、放課後ティータイムの5人がアリーナ中央のステージに移動したことだ。あてぶりではあるけどアルバム『放課後ティータイム2』から4曲を披露。メンバーもノリノリで観客を煽る。中央ステージ最後の「ごはんはおかず」でこれまでで一番の盛り上がりを見せた。自分も年甲斐もなくさけびましたよ、「1.2.3.4ごーはん!」(笑)

          続いてDeath Devilが登場。分からない人のために簡単に説明すると、軽音部顧問山中さわ子が高校時代組んでいたメタルバンドのこと。演出は一番派手だったなあ。音も一番大きかった。大きすぎて何をやってるのかわからなくなる瞬間もたびたび。さわ子役真田アサミさんと浅川悠さんのなりきり具合もすごかった。浅川さんは普段もパンクっぽいたたずまいの人らしくかっこよかったな〜。

          そしていよいよ放課後ティータイムの声優陣によるバンド生演奏が。「ぴゅあぴゅあはーと」をやるとは思わなかった。タイトルを聴いた時は一瞬不安になったけどイントロが始まった途端そんな不安は吹き飛んでしまった。かなりうまくなっている!結成時ほぼ唯一しっかりとした演奏ができた寿美菜子さん(key)が全体をひっぱるという形は変わらないけど(今回も「ふわふわ時間」でソロを炸裂)さらに佐藤聡美さんのドラムが安定感をましているのが光った。それぞれ忙しくて合わせる時間も少なかったそうだけどその中でよくここまで合わせることができたものだと感動した。

          続けて「U&I」、演奏はバックミュージシャンにまかせてヴォーカルに専念した「天使にふれたよ!」を挟んで再度楽器を持った「ふわふわ時間」で本編終了。2度のアンコールで4曲のOP,ED曲を披露。「Utauyo!!MIRACLE」ではみんな飛び跳ねてたなあ。「Don't say "lazy"」だったかスクリーンが5分割になってメンバーが横一列に映される演出もかっこよかった。自分がみたライヴだとユニコーンもやっていたけどここぞというところでやると効果的な演出だ。

          3度目のアンコールでは3万人の校歌斉唱。出演者全員で「Come With Me!!」を歌って4時間近いライヴは終了。出演者のみなさんの感動的な挨拶や涙、そしてパフォーマンスでこのイベントやけいおん!への思いがひしひしと伝わってきた。思い出に強く残るイベントになったと思う。

          0

            at 23:57, itooory, MUSIC

            comments(0), trackbacks(0), - -

            あけましておめでとうございます。

             今年もよろしくお願いいたします。
            皆様にとって良い年になりますように。
            去年はなにかと停滞気味だったけど
            今年は少しでも前に進めるように、
            でもあせらずマイペースでいければ。

            12月は直枝さんのソロ@京都Sole Cafeと
            カーネーション@渋谷クアトロの2つのライヴ見たけれど
            どちらも素晴らしかった。
            詳しい感想を書こうと思っていたのに
            書けないまま時間がたってしまい記憶があいまいに(苦笑)。
            ただ、ひとついえるのは直枝さんがえらく調子が良くて
            ハイテンションだったということかな。
            カーネーションの年末のツアーはここ数年の彼らのライヴでも
            ひときわ印象に残るものだった。
            直枝さんは去年はいろいろとしんどい年だったそうだけど、
            ライヴで見てる分にはぜんぜんそんなこと感じさせなかった。
            渋谷クアトロのライブ音源も配信されるのであらためて聴くのが楽しみだ。
            0

              at 22:07, itooory, MUSIC

              comments(2), trackbacks(0), - -

              カーネーション@梅田シャングリラ

               21日(日)は梅田シャングリラにてカーネーションのライヴ。
              いや〜かっこよすぎでしびれたなあ。

              のっけから予想外な展開、いつものシナトラで登場したものの
              直枝さんのギターにトラブル発生のようで(一番後ろで見てたので何があったかは
              よく見えなかった。)演奏開始できず、まさかのシナトラ完走に拍手&笑い。

              その後もそうくるのか〜と思うような展開が多かったなあ。
              宮田繁男さんのドラムの音はまさに自分好み、
              色気たっぷりで懐の深いグルーヴ。
              上田禎さんのお姿を拝見するのはラヴスカツアー以来だと思うけど
              独特のたたずまいは相変わらず、スタイリッシュなピアノを弾いたかと思うと、
              シンセ(Prophet 5)でウニウニと変態フレーズを繰り出したり
              要所要所で存在感のあるプレイを見せていた。

              最後は梅田シャングリラのことを歌った歌をやりだしておかしかったなあ。
              それにしてもまったくの即興だったとはおそるべし。

              この編成でいつまでやるのか分からないけどまだまだいろんな可能性がありそう。
              東京も行きたくなってきたなあ。
              (とりあえずこんな感想で、後でもうちょっと書きたそう。)
              0

                at 23:52, itooory, MUSIC

                comments(0), trackbacks(0), - -

                傑作!

                26日に入手してからこればかり聴いてる。

                TVアニメ「けいおん! ! 」劇中歌集 放課後ティータイム II


                アニメ「けいおん!!」に登場するバンド、放課後ティータイムの初のフルアルバムにして2枚組。さらに初回限定盤にはカセットが!(内容はDisc2のモノmix。ちなみに劇中歌集なのでOP、ED曲は収録されていない。)



                けいおん!、放課後ティータイムに思い入れを持っている人なら間違いなく楽しめる傑作だなあこれは。
                一番気に入ってる曲は「冬の日」。ウキウキするようなはずむリズムでまさにこれからの季節に似合う曲。男の子目線で恋のはじまりを描いた歌詞もかわいいというか微笑ましいというか。(唯が歌っているからかわいく響くというのもある。)

                その次に好きなのは「Honey sweet tea time」。どことなく’80年代の香りがするアップテンポだけどメルヘンチックなかわいい曲だね。(作曲は7月に亡くなったbiceさん。ご冥福をお祈りいたします。)

                「天使にふれたよ!」は最終回の構成の印象が強すぎて、フルで聴くとちょっと間延びした感じがしたんだけど何回か聴くと馴染んできた。(それでもギターソロはなくても良かったかな。)2番のサビの日笠さんの熱いヴォーカルにぐっとくる。

                作中では完全にネタ扱いだった詩「ときめきシュガー」がやたらさわやかでかっこいい曲に化けちゃったのも楽しい。

                それ以外の曲もどれもいい曲ばかり。期待はしてたけど、ここまで充実したアルバムになるとは思ってなかった。(個人的にはDisc1最後の曲「放課後ティータイム」だけは微妙だけど。)特にDisc1終盤の「冬の日」〜「U&I」〜「天使にふれたよ!」の流れはたまらないなあ。とにかく製作陣の力の入り様が聴いててすごく伝わってくる。Disc2はバンドが部室でラジカセに一発録りをしているという設定の構成なのだけど(曲間に声優さんたちの小芝居入り。)、ライヴ感溢れる勢いのある演奏でミュージシャンの人達も楽しんで演奏しているんだろうね。

                さて「けいおん!」のライヴイベントが来年の2月に決定ということでまだ詳細は分からないけど見てみたいなあ。興味があるのは声優さんたちのバンド生演奏なんだけど、前回は2曲だったけど今回はどうなんだろう。


                <追記>
                この記事を書いた後、はじめてカセットを聴いてみた。これはただDisc2をモノラルにしただけじゃなくて、音もこもり気味に加工してあって本当にラジカセで録音したかのような音になってて、さらに臨場感や演奏の勢いが増しているように感じる。よりバンドが演奏している光景が目に浮かぶね。本当に芸が細かい。もう特典じゃなくて実はこのアルバムの肝なんじゃないかと思えるくらい。
                0

                  at 00:06, itooory, MUSIC

                  comments(0), trackbacks(0), - -

                  スーリラ節

                  今週はちょっとヤなことがあってストレスたまりまくりだったんだけど、
                  Twitterで知ったこの動画を見てると
                  そんな気分もささいなことと思えて癒される(笑)。

                  マイケルジャクソン スーダラ節



                  音と絵の合わせ方が絶妙。素晴らしすぎる。
                  一番最初のスイスイスーダラ…のところと
                  「頭かっときて」のところが好きだなあ。


                  第2弾もいい。
                  マイケル・ジャクソン 無責任一代男

                  0

                    at 21:26, itooory, MUSIC

                    comments(0), trackbacks(0), - -

                    ジェフ & エイモス @ 磔磔

                     昨日はGeoff Muldaur & Amos Garrettを見に磔磔へ。

                    それぞれ単独では何度か来日しているけど、
                    2人での来日はなんと31年ぶりだそうだ。
                    (客席にはその時のライヴを見たという方が数人いました。)
                    素晴らしいライヴだったなあ。日々の疲れが洗い流されて
                    しあわせな気分になれました。

                    エイモスが「taku taku …my favorite」ってボソっと言ってたけど
                    ふたりとも磔磔という場所にとても相性がいいなあと思った。
                    ジェフはずっとアコギ、エイモスは曲によってテレキャスターとアコギを
                    持ち替えて演奏。ふたりとも暖かみがあって味のある歌を歌う。
                    エイモスのギターの素晴らしさはもちろんだけど
                    (独特のベンディングは今回も冴えわたってた)、
                    ジェフもけっこういい音色のギターを弾くんだよなあ。
                    ゆるゆるとリラックスムードですすむけど
                    (エイモスは年のせいかときどき危なっかしく見えるところが。)
                    締めるところはかっこよく締めるのがにくいよね。
                    そしてときおりジョークをとばしあってたりして。

                    ジェフ「マイド…、オオキニ…。(だったかな?関西弁だった。)
                    熊本でみんなにマイドーっていったら「はぁ?」ってかえされちゃったよ。」
                    とか、
                    エイモス、必殺の「Sleepwalk」演奏終了後、
                    「この曲を弾くと指が痛くなるんだよ。」とわざとらしく指をプラプラさせてると
                    すかさずジェフが「実はすごく簡単なんだよー。」みたいに言って場内爆笑。
                    とか。いいコンビだなあって思う。

                    曲は2人のファンにとっては馴染みのある曲のオンパレード。
                    おぼえているだけでも「Hong Kong Blues」、「Gee Baby, Ain’t I Good To You」、「Lazy Bones」、「Trouble Soon Be Over」、「Just A Little While To Stay Here」,
                    ボビー・チャールズの「Small Town Talk」に「Tennesse Blues」
                    チャック・ベリーの「Lajaunda」、アンコールで「Fishin’ Blues」などなど。
                    「Midnight At The Oasis」を冗談ぽくジェフがマリア・マルダーの声マネ(?)で
                    さわりだけ歌ったりもしてた。
                    最後に演奏した「Heavenly Grass」(テネシー・ウィリアムスの詩だそうだ。)
                    の2人のギターの重なりは本当にきれいだったなあ。
                    できればもっと聴きたかった。今回のツアーのライブ盤だしてほしいな。
                    0

                      at 22:31, itooory, MUSIC

                      comments(0), trackbacks(0), - -

                      きょうはレベル42三昧

                      女子カーリングの本橋さん、チーム青森脱退して新チーム結成だそうで。かねてから噂されていたことだけどいよいよって感じでしょうか。他にも注目できそうなチームが結成されたりしているので日本国内の争いがより盛り上がるといいね。ぼくは引退してしまった目黒さん派(結婚するらしい…)だったのでこれからどこを応援するかはわからないけど今後も注目していきたい。

                      さて、最近Level 42をよく聴いている。きっかけは再結成後初の来日公演があったから。知るのが遅かったせいで見に行けなかったけどね。

                      Level 42というとフュージョン色の強いバンドとして80年代初期に登場。その後ポップ化していき’85年の「Something About You」の大ヒットでメジャーな存在になっていったグループだけど高校、大学の頃によく聴いてたんだよなあ。解散後はすっかり遠ざかっていたけど、また聴きだしてCDは持ってなかったので(レンタルで済ませてたから)ぼちぼちと買い集めている。

                      マーク・キングの高速スラップ・ベースが真っ先に引き合いに出されることが多いバンドだけど、曲もいいし、マーク・キングのぶっきらぼうな男くさいヴォーカルとマイク・リンダップ(key)のさわやかなハイトーン・ヴォイスとのコンビネーションも好きだ。


                      Level 42/Almost There


                      82年のスタジオ・ライヴ。クールなスタジオ版とは大違いのエネルギッシュな演奏がかっこいい。彼らにもこんな時があったのね。

                      彼らの代表曲というとこの2曲が浮かぶ。’91年のライヴ。オリジナルメンバーからギターとドラムが変わっている。よりパワフルさを増したステージ。

                      Level 42/Hot Water


                      Level 42/Something About You


                      明日はNHKFMでプログレ三昧に続いてフュージョン三昧だそうで。level 42はかかるのだろうか。(僕自身はフュージョンはほとんど聴いてないんだけどね。)
                      0

                        at 22:02, itooory, MUSIC

                        comments(2), trackbacks(0), - -